消防設備点検について

HOME  >  消防設備点検について

消防設備点検について

消防設備点検について

建物内の、警報設備・避難設備・誘導灯は、火災をいち早く察知し、ご利用者様が迅速かつ安全に避難していただくために欠かせない設備です。

これらの設備は、24時間365日休まず稼動する電子機器のため、設備に故障や不具合がないか、確実に点検する必要があります。

消防法では、防火対象物(ビルやマンション、工場)を所有・管理・占有する関係者は、消防設備士(国家資格者)などの有資格者による点検を年2回以上(半年毎)実施することが定められています。

協同防災設備では、経験豊かな消防設備士・消防設備点検資格者が、それぞれの対象物に的確な点検を実施し、報告書の作成、不良箇所の指摘・改修まで一括してサポートいたします。

防災会社様、ビル管理会社様、管理組合様、マンションを所有のオーナー様、現在の管理コストを削減するために一度当社へお見積りをご依頼下さい。

消防設備点検の流れ

保守点検契約

お客様の物件の取り決め事項や鍵の管理、日程連絡方法などを確認させていただき、お客さま情報を顧客データとして登録いたします。

保守点検契約

事前打合せ

現場の状況を把握するため打ち合わせをさせていただきます。

事前打合せ

マンション、ビルの場合

  • 点検作業の日程調整
  • 点検内容(点検工程とその流れ)の確認
  • 入居者、テナントへの連絡方法の決定(作業案内チラシの作成、配布日の調整)

点検作業の日程調整

  • 点検内容(点検工程とその流れ)の確認
  • 入居者、テナントへの連絡方法の決定(作業案内チラシの作成、配布日の調整)
※建物のある地域や、管轄する消防署の指導、および建物の種類や特性によって、検査項目が若干異なります。

点検作業(書類審査・現場)の実施

経験豊かな当社技術スタッフ(有資格者)が、消防法改正の防火対象物定期点検制度に準拠した各点検を行います。※政令で定める消防設備等の整備は、消防設備士でなければできません。

点検作業(書類審査・現場)の実施

整備

軽微な作業はその場で行います。※機器の交換や改修、調査などは別途お見積りとなります。

整備

報告書の作成

消防設備点検結果より、点検報告書を作成し、提出いたします。※点検した結果は、点検担当者が記入いたします。

報告書の作成

報告

お客様に点検の報告をご提出いたします。点検で不具合が発覚した場合、その改善案と工事見積書を提出し、ご依頼があれば、当社技術スタッフ(消防設備士)が不良箇所の改修・修繕工事を行います。※報告は、消防本部のある市町村は消防長又は消防署長へ、消防本部のない市町村は市町村長へ、防火対象物関係者が直接又は郵送で提出します。報告期間は、対象物により異なります。

報告

防災・消防設備の点検・改修なら有限会社協同防災設備

TEL:049-262-1318問い合わせ営業時間 9:00〜17:00

携帯に簡単登録!

携帯に簡単登録!

お手持ちの携帯電話で2次元バーコードを読み取れば、簡単に電話をかけたり、アドレス帳に登録する事ができます。

※機種により対応しない場合もございます。